June 25, 2024

フィリピンと日本COVID-19比較 Part.7

2020-12-21(data:21日0:00時点)

今日も最新の情報をお届けしていきたいと思います。

まずは、今日の陽性者数と退院・療養解除された方と現在治療中の方のデータから見ていきます。

フィリピンは昨日、修正された数値によって退院者がぐっと増えましたが、依然として感染者が増え続けているため差が開きます。対する日本は一定の退院者数を保ち、1日の感染者数2,618人と減少しました。

週末が明けて、いよいよクリスマスが目前に近づいてきました。その影響が数値となって私たちの元へ届くのは、ウイルスの潜伏期間などを含めて年明けになると予測されるのでその期間、どれだけのウイルス保持者がいるのかは未知数。やはり、年末はお家で過ごすのが一番かもしれません。

 

不安は増すばかりですが本日、日本で現在治療中の方の人数の増加数は僅か73人。日本は縮まったと思えば一気に増える傾向にあるので、このまま減少の方向へと走っていってほしいですね。
フィリピンの増加数は週末分があるので参考程度での認識で置いておいてください。また次回以降の数値にご注目ください。

そして死者の増加数です。
フィリピン10人/日本27人の増加となり前日比で約半分程に減少しました。

これ以上コロナで苦しむ人を増やさないように戦う医療関係者と現在戦っている入院中の方にもクリスマスのささやかな幸せや贈り物が届くことを願います。

 

さて、次回Part.8では12月22日の最新データと前日比などの情報をお届けしていきたいと思います。

それではまた、次回〉〉〉

参考:厚生労働省「国内発生状況など」
東洋経済オンライン「国内感染状況」
department of health「UPDATES ON NOVEL CORONAVIRUS DISEASE (COVID-19)」