September 27, 2021

Part.57 増加止まらないフィリピンと好転願うも変化見えない日本

2021-3-17(data:3月16日0:00時点)

フィリピンは国内でさまざまな動きが見られますね。
日本でも明日にも緊急事態宣言の行く末を決めるのだとかで騒ついています。

それでは本日も感染者の動きを見ていきましょう。

日本は週末検査避けの影響で16日分の感染者数は776人と少なめ。
順調に進んで千人以下が定期になるまではもう少しかかるかも知れませんね。

フィリピンは完全に沼に足をとられたようです。
15日の感染者は5,395人と過去最多を記録しました。(source:DOH)
16日も4,427人と高水準で、検査避けの影響で直近の検査数より1万件少ないので週末にかけて感染者はさらに記録される可能性が高いです。

大統領は医療態勢の管理は可能だと述べ、4月の制限緩和を視野に入れているようですが日に日に状況は悪化しています。

既にマカティ市の病床は先週時点で満床になっていたと市長が発表し、制限緩和ではなく徹底的な制限で短期間で勝負に出るべきではないかという状況です。

経済が受けるダメージは果てしないですが、ここまでくるとこのままジリ貧で継続するよりも脆弱な盾よりも強靭な矛で立ち向かう時かも知れません。

日本は治療者の現象も止まり、変化は停滞気味です。
特に最近では減少が減り、増加することもままあるため1日平均56人増加しています。

最近気づいたのですが、週明けは死者数が少ないんです。
フィリピンも日本も。

集計の影響なのでしょうか。

さて、次回Part.58は3月20日分までの集計の結果となります。
外国人の入国が禁止され、またまたフィリピンが遠くなってしまいましたね。

それではまた、次回〉〉〉

参考:厚生労働省「国内発生状況など」
Department of Health「UPDATES ON NOVEL CORONAVIRUS DISEASE (COVID-19)」