June 14, 2024

カタール フィリピン台風被害に支援物資提供

フィリピンは、10月末から「モラヴェ」を始めとするスーパー台風を含む5つの台風に短期間で襲来された。
依然として被害の収束の目途が立たない中、中東アジアに位置するカタール政府が災害被害者に対して支援物資を提供したことが明らかになった。食品量を含む40tにもなる物資は4日午前にマニラに到着した。

カタールは、カタール国籍の人口は1割弱ほどしかおらず外国籍の労働者が占める国だ。
また詳細は公表されていないが外国籍の内、大多数を占めるインド人に次いで2番目に多いのがフィリピン人だ。コロナによる被害と台風による被害で橋の両端を塞がれ身動きが取れなくなってしまっている被災地の人々にとってカタールからの大量の支援物資は、生活の修正に大いに役立つだろう。

以下、Manila Bulletinより抜粋

Qatar aids PH typhoon victims

Qatar has donated more than 40 tons of food and non-food items to the families affected by recent typhoons in the country.

The relief goods arrived at the Ninoy Aquino International Airport (NAIA) Terminal 1 Friday aboard a Qatar Amiri Boeing C-17 military plane.

Qatar Embassy officials Ali Abdulla Al-Abdulla, Second Secretary, and Mohammed Yousef Al-Malki, Third Secretary, received the relief goods.

These were transferred to the Philippine Red Cross headquarters in Mandaluyong City for the formal turnover.

“It is worth noting that five typhoons struck the Republic of the Philippines over a period of four weeks, including typhoon ‘Vamco’ (‘Ulysses’) and ‘Goni’ (‘Rolly’),” which is the strongest in the world this year so far,” Embassy of the State of Qatar said.