June 14, 2024

フィリップモリスPH 300名の人員削減へ

米国のたばこ最大手のフィリップモリスとフィリピンで合弁事業を行っているフォーチュンたばこは、コロナウイルス感染対策の影響を受け生産量が激減していることから、首都圏マリキナ市の工場に余剰人材が生じたとして300名規模の人員削減計画を実施するようです。

まずは希望退職者の募集から募るようですが、影響を受ける職員には十分な援助や退職金、就職支援などを行うと発表しているようです。