June 25, 2024

フィリピン 近日ワクチン交渉へ

フィリピン外務大臣は、アメリカのバイオテクノロジー企業Moderna社がコロナウイルスワクチン供給のための交渉を12月30日またはそれ以前に開始される可能性があると述べました。

Modernaのコロナウイルスワクチンは、アメリカ食品医薬品局から緊急使用承認(EUA)を受けている。これにより、製薬会社はフィリピンでのEUA申請が可能となっています。政府と民間企業は現在までに、イギリスの製薬会社アストラゼネカ社と少なくとも200万のワクチンの供給契約に署名しています。また、アストラゼネカ以外にも中国のシノバック・バイオテック、ロシアのガマレヤ研究所、米国のファイザーのワクチンも検討しています。

フィリピンでは続々とワクチンに関するニュースが飛び込んできますが、日本は今月18日にアメリカのファイザーが国内で初めて申請をしたくらいですが日本政府は「春ごろにはワクチン接種を開始したい」とのこと。
年明けには日本でもワクチンの確保に関するニュースが上がってくると安心できますね。

以下、INQUIREE,NETより抜粋

Vaccine deal talks with Moderna to start by Dec. 30 — Locsin

MANILA, Philippines — Negotiations for a possible coronavirus vaccine supply deal with American biotechnology company Moderna may start on or before Dec. 30, Foreign Affairs Secretary Teodoro Locsin Jr. said Monday.

“Vaccine Czar Carlito Galvez Jr. is gonna start the negotiations with American biotech company Moderna on or before Wednesday next week,” Locsin said in an interview over CNN Philippines.

The country’s top diplomat added that Philippine Ambassador to US Jose Manuel Romualdez is helping in the negotiations.

Moderna’s coronavirus vaccine earlier received emergency use authorization (EUA) from the US Food and Drug Administration. This will enable the pharmaceutical firm to apply for an EUA in the Philippines.

The Philippine government and private companies signed a supply agreement with British drugmaker AstraZeneca involving at least two million doses of its vaccine.

Aside from AstraZeneca, the government is also looking into the vaccines of China’s Sinovac Biotech, Russia’s Gamaleya Research Institute, and Pfizer of the United States.