June 14, 2024

マニラ 看護師の基本給昇給

マニラのドゴマソ市長が看護師の給与等級を引き上げる条例に署名した。これによりマニラの地方自治体で勤務する看護師の給与が引き上げられることになった、

日本の看護師は所属や属する団体や勤務年数によって給与が変わるが、フィリピンでは等級があり、その等級に従って給与が定められている。

コロナ禍で激しさを増す医療現場で奮闘している看護師たちには朗報だ。
対して日本の看護師の給与が大幅に変化することはなく、逆にコロナ患者を受け入れることで一般診療が滞るため経営が悪化するところもあり全体的に減退傾向だ。

日本の医療現場で奮闘する関係者にも休息こそ今は取れないだろうが、給与面だけでも補填できるように整備してほしいところだ。

以下、CNN Philippinesより抜粋

Manila raises salary grade of city gov’t nurses

Meteo Manila (CNN Philippines, December 9) — Nurses working for the local government of Manila are set to receive higher pay after Mayor Franscisco “Isko Moreno” Domagoso signed on Wednesday an ordinance raising their salary grades (SG).

Under Ordinance No. 8700, entry-level nurses in the Manila Health Department and the six city government hospitals will have their SG increased to 15, from the previous 11.

This will bring the basic pay of an entry-level nurse to at least ₱33,575 from ₱23,877 in 2021, based on the second tranche of salary hikes which will be implemented starting January next year.