April 16, 2024

20年の投資認可額が19%減少

経済特区長のPEZAが2020年に申請承認された経済特区内の投資額が前年比19%減少したことを発表しました。コロナ対策による経済の底流と国際間移動のストップの流れを見ると避けようのない事象だと思われます。

また内訳を見ますと、製造業の減少が13.4%に対してBPOいわゆるコールセンター事業などは0.9%程度の減少で収まったようです。時代の潮流、オンラインスタイルにアジャストしやすいと思われるコールセンターなどはやはりダメージが少ないようです。