September 27, 2021

ボラカイ島 カジノ運営にゴーサイン

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領がボラカイ島でのカジノ運営を容認しました。

それを受け、マカオのギャラクシー・エンターテインメント・グループの現地パートナーは、中国の大手ゲーミング企業との話し合いを再開しようとしています。また、上場企業のLeisure and Resorts World Corporation(LRWC)は、「ギャラクシー社とはまだ話をしていないが、話し合いを再開することを楽しみにしている」と述べています。

LRWC社とギャラクシー社は、2018年に5億ドル規模のリゾートをボラカイ島に建設することが決まっており、同年3月にはライセンスを取得していました。しかし、ドゥテルテ大統領は同年末、環境汚染を抑制するためなどの理由から、ボラカイ島でのカジノ運営を禁止するよう命じていました。ところが先週、政府には資金が必要であるとして、禁止を撤回したのでした。ボラカイ島の住民の中には、島にカジノを設置することに反対している人もいるようです。

以下、ABS-CBN NEWSより

Local partner of Macau’s Galaxy eyes new talks with gaming firm for Boracay casino

MANILA – The local partner of Macau’s Galaxy Entertainment Group is looking to restart talks with the Chinese gaming giant after President Rodrigo Duterte said he would allow casinos in Boracay.

Listed firm Leisure and Resorts World Corporation (LRWC) said it has yet to talk with Galaxy but looks forward to resuming discussions.

“The Company is looking forward to the resumption of the discussions with Galaxy in view of the President’s go-signal for casino operation in Boracay,” LRWC disclosed to the stock market.

LRWC and Galaxy were set to build a $500 million integrated resort in Boracay in 2018, and even secured a provisional license with the Philippine Amusement and Gaming Corp in March that year.

Duterte however ordered later that year that Boracay should be casino-free when the island reopened after its rehabilitation.

But last week, Duterte reversed his ban, saying the government needed funds.

On Wednesday, tycoon Andrew Tan said his company Megaworld, was ready to push forward with its casino project in Boracay.

Some residents of Boracay however are opposing the establishment of casinos on the island.