July 27, 2021

コロナ対策等 日本10億円供与

日本がフィリピン政府に対して無償資金協力で最大10億1,600万円を供与すると発表しました。

コロナの感染防止対策にまい進するも、その資金が根絶手前だったフィリピンですが、日本からの供与によってコロナ対策の継続と強化を行うようです。

今後もフィリピンとの外交関係を持ちつ持たれつで良好に保ち、両国の未来のために活動していってほしいです。
供与金はコロナ対策と日本の大学への進学支援金として扱われるようです。

以下、NNA POWER ASIAより

日本、比のコロナ対策などに10億円供与

日本の外務省は6日、フィリピン政府と2件の無償資金協力に関する書簡を交わしたと発表した。新型コロナウイルス対策や人材育成への資金協力で、供与額は最大10億1,600万円に上る。

越川和彦・駐フィリピン大使とフィリピンのロクシン外相が同日に署名した。新型コロナのワクチン接種に向けたコールドチェーン(低温物流)設備の整備などに6億8,700万円、フィリピンの若手行政官が日本の大学院に進学するための支援に最大3億2,900万円を供与する。

フィリピン外務省によると、資金協力の書簡は日本とフィリピンの外交関係樹立65周年を記念して交わされた。