June 25, 2024

ルソン島リサール州 クラスターの可能性で特定範囲封鎖に

今回、リサール州バラスのbgy.サンフアンにあるIlaya st.で3月3日まで封鎖状態がしかれる事になりました。
対象となる家屋は84軒になるといいます。このうち2軒ではECQ、残り82軒でMECQが適用されます。

クラスター…
ライブハウスやダイヤモンドプリンセス号の件は日本でも話題になり世間が騒ついていましたね。
今では、COVID-19も日常の1コマになるほど馴染んでいるように感じています。

それでもやっぱり日本と違うと感じるのは、こうして強制的に隔離状態を作れる事です。
でも、通り単位で局地的に封鎖というのを私は初めて見たので少し驚きましたが、現在フィリピンは経済活動の再稼働が必至の状況にあることを考えると限定的な対応も必要になるものだと納得します。

現在の見通しでは封鎖状態は14日間継続される予定です。
クラスターを防げるのか注目が集まります。

以下、MANILA BULETINより抜粋

Baras LGU places 84 houses under lockdown due to clustering of COVID-19 cases

The municipal government of Baras, Rizal has put 84 houses in one street under lockdown following the clustering of coronavirus disease (COVID-19) cases in the area.

Strict quarantine measures are in effect from Feb. 18 to March 3 in Ilaya Street in Bgy. San Juan due to the COVID-19 cases.

Under Resolution No. 03-2021, the Local Government Unit-Baras Task Force Against COVID-19 has imposed Enhanced Community Quarantine (ECQ) on two houses in Ilaya Street and Modified Enhanced Community Quarantine (MECQ) on 82 houses “due to the emergence of new cases of individuals found positive for COVID-19.”

The local government of Baras, in a Facebook post, said the clustering of cases of COVID-19 in Ilaya Street, with f