June 14, 2024

フィリピン 経済活動再稼働へ

フィリピン政府がGCQ下の地域でのモール内シアターの開放を許可しました。

その他にも自動車教習所、図書館、ゲームセンター、博物館、文化センター、観光省(DOT)の認定施設での会議、インセンティブ、会議、展示会、限定的な社交イベントや公園、テーマパーク、自然史跡、歴史的ランドマークなどの限定的な観光地の再オープンも承認しました。

経済回復へ一歩前進ですね。
これらの事業の再開にはDOHが提示しているガイドラインを満たすことを前提に許可されたものですが、コロナの恐ろしさは体感しているので全体的に見ても問題はないでしょう。

それにしても映画って結構日常生活の中でも大切な1コマになったり、日常にはない物語に触れたり…と、私も大好きでよく見るのですがフィリピンでも解放されたようなので、息抜きができるようになればと思います。

日本と同じようにフィリピンでも座席数の50%が使用できるということで、1席空ける感覚ですね。
4月16日に「名探偵コナン 緋色の弾丸」が全世界同時公開ということと合わせて、フィリピン在住映画ファンには実際の開場予定は決まっていませんが嬉しい便りではないでしょうか…

以下、MANILA BULLETINより抜粋

Cinemas, game arcades, limited tourist attractions in GCQ areas allowed to reopen

Movie buffs can rejoice as the government’s pandemic task force allowed the reopening of traditional cinemas in areas under the general community quarantine (GCQ) after being closed for almost 11 months due to the coronavirus disease (COVID-19) pandemic.

Presidential spokesman Harry Roque said the Inter-agency Task Force (IATF) for the Management of Emerging Infectious Diseases allowed the reopening of cinemas in malls and the further expansion of the following businesses in GCQ areas:

Driving schools
Video and interactive-game arcades
Libraries, archives, museums, and cultural centers
Meetings, incentives, conferences and exhibitions, and limited social events at credited establishments of the Department of Tourism (DOT).
The IATF also approved the reopening of limited tourist attractions such as parks, theme parks, natural sites, and historical landmarks.

According to Roque, the reopening and further expansion of these businesses or industries shall be subject to the issuance of the implementing guidelines that will provide for the operational capacity and oversight of the appropriate regulatory agency and the concerned local government units.