July 27, 2021

先週も1,500人以上が逮捕 厳しい政策続く

エドゥアルド・アニョ内務大臣の発表によると、先週、ソーシャルディスタンスを守らなかったという理由で逮捕された人は1,500人以上にのぼるそうです。

そのうち40人近くが大規模なイベントを行ったことで逮捕され、837人がフェイスマスクを着用しなかったことで逮捕されました。政府は、フィリピン人に対し、すべての公共の場でのマスクとフルフェイスシールドの着用を義務付けています。

昨年4月、メナルド・ゲバラ司法長官は、国のコロナウイルス対策本部に対し、違反者を逮捕・拘留するのではなく、代わりに社会奉仕活動を課すよう促しました。しかしその翌月、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、司法省の助言に反して、違反者を逮捕するよう警察に指示しました。

日本ではこのような強制的な政策は行われていませんが、それでも人々のストレスは一時期限界に近づいていました。緊急事態宣言下でも都心では混雑が見られ、大規模なイベントも見られました。フィリピンの強制力を伴う厳しい政策はいつまで続くのか。国民のストレスが少しでも和らぐ政策に期待します。

 

More than 1,500 arrested in a week for not observing physical distancing: Año

MANILA – More than 1,500 people were arrested for not observing physical distancing last week, Interior Secretary Eduardo Año said Monday.

Año said in a taped briefing that a total of 1,566 individuals were nabbed across the country for the violation from June 21 to June 27.

Nearly 40 were also caught for conducting events involving mass gatherings, while 837 were arrested for not wearing face masks, he added.
The government requires Filipinos to wear anti-virus masks and full-face shields in all public areas.

Last April, Justice Secretary Menardo Guevarra urged the task force leading the country’s pandemic response not to arrest or detain violators and impose community service instead.

But the following month, President Rodrigo Duterte instructed police to arrest people violating protocols to contain COVID-19, contradicting the justice department’s advice.