July 27, 2021

オンライン書籍 提供広がる

コロナウイルス の流行によりBig Bad Wolf社がデジタル化を進めたため、今年のブックセールでは例年よりも多くの書籍が販売されています。

Big Bad Wolfの共同設立者であるAndrew Yap氏は、今年のBig Bad Wolfのオンラインセールでは、60,000冊が用意されており、これは同社が前回マニラに持ち込めた書籍の3倍にあたると語っています。

Yap氏によると、マレーシアの倉庫にあるほぼすべての書籍が販売されており、フィリピンへの発送も可能とのことです。「私たちの倉庫からは、すべての書籍を提供することができます。これがオンラインの素晴らしいところです」とYap氏は言います。

またYap氏は、本を割り引いて販売するためにデジタルに移行したにもかかわらず、特に小さな子供たちには、電子書籍ではなく紙媒体の本を読むことを勧めているとのことです。

フィリピンでは急速なデジタル化が進んでいます。デジタルは便利ですが、目を疲れさせるなどのデメリットもあります。健康に留意して設備を整えて欲しいです。

以下、ABS-CBN NEWSより

More titles available as book sale goes online, Big Bad Wolf says

MANILA – More titles are available in this year’s book sale compared to the previous years as the COVID-19 pandemic pushed Big Bad Wolf to go digital.

In this year’s Big Bad Wolf online sale, there are 60,000 available titles or 3 times more than what the firm could bring to Manila during its previous expo, Big Bad Wolf co-founder Andrew Yap told ANC.

Virtually all titles in their warehouse located in Malaysia are up for grabs and are readily available for shipping to the Philippines, Yap said.

“When are doing it here from our warehouse we can make everything available. That’s the amazing thing about being online,” Yap said.

Despite pivoting to the digital channel to sell discounted books, Yap said the company still advocates using printed copies instead of digital books, especially for young children.

The Big Bad Wolf online book sale is available to consumers in the Philippines from June 30 to July 7.